同級生がデリヘル嬢になる その2

同級生がデリヘル嬢になる その2

無料お持ち帰りレポート

同級生がデリヘル嬢になる その2

同級生がデリヘル嬢としてやってきた、と言う経験をしたので、そのエピソードです。

 

 

 

デリヘルを呼んで、ホテルで待っていると、やってきたのはなんだか見覚えのある女性でした。記憶を呼び起こしてみると、どうやら高校の同級生っぽいです。おそるおそる聞いてみると、やはりそうだとか。約10年ぶりの再会です。私は忘れていたのですが、なんでも彼女のほうから私に告白をしてきたこともあるのだとか。正直私は高校の頃かなりモテていたので、地味な子からの告白など忘れていたのでした。

 

 

 

他愛もない高校時代のよもやま話をしながら、シャワーを浴びました。昔を知っている相手とのプレイとなると、やはりお互いに緊張するのです。でも、することはしなければ、ということで、体を洗ってもらい、そしてフェラチオをお願いしました。可もなく不可もないテクニックです。

 

こちらのデリヘル 新宿は女の子がとても可愛いくて素敵でした。

 

この状況をなんとかおいしいものに変えたいと思った私は、セーラー服のコスプレをお願いしました。なんとなく記憶がよみがえってきた私の前に、セーラー服の元同級生が。私の闘魂に火が付きました。

 

 

 

「させてよ」と言ってみました。元私のことを好きだった女ですから、それに首を横に振るはずがないと思ったのですが、はたして、うなずきました。そして、当然のようにナマ挿入です。最後は、コスプレの制服のスカートに大量放出です。そして、しているうしにこいつはMだと確信した私は、顔にアソコを持っていきました。すると、やはり出ました。お掃除フェラです。

 

 

 

その後1か月ぐらいして、改めて店のホームページを見ると、そこの彼女の姿はありませんでした。


ホーム RSS購読 サイトマップ