同級生がデリヘル嬢になる その1

同級生がデリヘル嬢になる その1

無料お持ち帰りレポート

同級生がデリヘル嬢になる その1

現代社会においては、本当にありそうにないこと、というのが自分を不意に襲う、ということがまれにあります。

 

 

 

こんな体験をしたのは私だけかも、というふうに思いますが、しかし、ネットで検索すると結構あるようです。ただ、もちろんすべて創作の可能性がありますが…

 

 

 

その体験とは、ズバリ、「風俗店で同級生に出くわす!」というものです。ほとんどエロ漫画、もしくはエロゲームの世界ですが、これが実際にあったのですね。

 

 

 

というのも、今は昔に比べて、普通の子が風俗で働く確率が段違いです。風俗嬢として働く女性の絶対数も増えていますし、働くことの心理的ハードルが低いのに加えてこの不況ですから、こうしたエピソードも今後どんどん増えていくのかもしれません。

 

 

 

だって、町中で、「高収入の求人情報!」みたいなことを爆音で流しながら走るトラックを見たことがあると思います。あれ、キャバ嬢などの求人情報が載っているサイトの宣伝なのですが、もちろん掲載されているのは高収入の求人ですから、キャバ嬢以上に、風俗の求人も掲載されているのです。そういう情報が、なんのてらいもなく町中で垂れ流され続けているのですから、普通の女性とされていた人たちの足が風俗に向くのもわかる気がします。

 

 

 

ともあれ、私はある日、デリヘルを呼ぶことにしました。そして、いつものホテルに入り、女の子の到着を待っていると、ドアのチャイムが鳴ります。来たな、と思ってドアを開けます。すると、見覚えのある女性が…


ホーム RSS購読 サイトマップ